デジタルマーケティング:4つのポイントで変わる成果

メインビジュアル : デジタルマーケティング:4つのポイントで変わる成果

マーケティングの進化は、急激に加速しつつあります。従来型のマーケティングがいかにデジタルマーケティングへと進化しているかはお気づきのとおりで、今や、多くのマーケティング戦略が時代遅れとなっていることは否めません。好むと好まざるとにかかわらず、こうしたマーケティング世界の進化は止まらないでしょう。そして、実際にそのペースが落ちることもないはずです。つまり、企業の経営者が自社のブランドを成長させたいなら、この変化についていかなくてはなりません。常にデジタルマーケティング戦略を更新し、改善することで、マンネリに陥ったり、周囲の雑音に惑わされたりすることがないようにしていく必要があるのです。

では、マーケティング活動のトランスフォーメーションを進めるにはどうすればよいのでしょうか? そしてどこから取り掛かるべきでなのしょうか?

ここでは、マーケティング戦術を見直し、戦略を修正して、成果を最大化するための方法をいくつかご紹介します。

自社の現在の立ち位置を知り、目標を定める

まず知らなければならないのは、非生産的なマーケティング活動の原因となっている問題が何か、ということです。組織が解決しようとしている問題を特定し、現在の立ち位置では不十分である理由を理解してください。そのためには、明確なビジョンを持ち、得られた洞察が、自分の直感ではなく実際のデータに基づいていたものであることが不可欠です。

マーケティングの問題点を示してくれる各種分析ツールを利用してもよいでしょう。例えば、グーグル・アナリティクスは、どのマーケティング戦術がより多くのトラフィックをもたらし、どれがまったく役に立っていないかを判断するうえで役立つツールの1つです。そうした情報を得ることは極めて重要であり、ツールの活用によって優位に立てるようになります。

信頼できるマーケティング変革チームを選定する

目標を定め、事実に基づくデータを収集したら、次にすべきことはマーケティング変革に取り組むチームを編成することです。通常は、CEO、営業部長、マーケティングの最高責任者、そして業務部門のリーダーによってチームを構成することになり、その全員が次のステップに集中できるようにしておく必要があります。また、関連するすべての指標を把握しておかなくてはなりません。

マーケティング変革は、長期戦になることが一般的で、多くのリスクを伴います。デジタルマーケティングは、もはやキャンペーンを構築することではなく、マーケティングをテクノロジー指向のものへと移行させ、変革を生み出すことに重点を置くようになりました。そのため、社内のマーケティングチームは、変革を効果的に進めるのに必要なテクノロジーと戦略をより深く理解できるようにならなければなりません。

もし、社内のマーケティング変革チームの立ち上げに関して不安がある場合は、プロのデジタルマーケティング代理店と契約してもよいでしょう。ただし、その代理店がマーケティング変革の企画と実施に最もふさわしい存在であるかを、確認しておくことは必要です。たとえば、デジタルマーケティングを専門とするオンライン・マーケティング・シドニーのエキスパートに依頼するような選択肢も考えられます。いずれにしても、自社のビジネスに特化した戦略的計画システムを開発し、より短期間でマーケティングや収益の成果をもたらしてくれるようなパートナーを見つけることが重要です。

アウトソーシングの良い点は、委託先の専門企業がすでに確立している内部コントロール手法と手順を活かして、自社の優位性を築ける点にあります。しっかりしたデジタルマーケティング代理店であれば、自社で予算を設定して希望を伝えるだけで、残りの作業は先方が引き受けてくれるはずです。

コンテンツをパーソナライズする

昨今、高度にカスタマイズされたパーソナルコンテンツを作成することは、ことさら重要になっています。そのため、ほとんどのマーケティング担当者がキャンペーンや体験をパーソナライズするために全力を尽くしているのです。したがって問題は、どのようにすれば、競合他社に差をつけられるのか、ということにあります。

その鍵となるのは、これまでの殻を破り、単に読んで終わりではない新しい特別な体験を提供することです。とはいえ、オンラインで長時間を過ごしている人々の目はすでに疲れています。そんな状態のオーディエンスをより自社のコンテンツに惹きつけるためには、より斬新な方法を見つけることが必要です。

この意味から現在成功を収めつつあるマーケティング戦術の一例が、フェイスブック・ライブです。これが顧客に好まれる理由は、よりパーソナルな体験を提供していること、および、その高い対話性にあります。もちろん、こうしたコンテンツの提供方法に見合う高解像度のマーケティング動画を制作するには、それ相応のハイエンドカメラへの投資が必要かもしれません。また、有名なアーティストと契約を結び、自社のブログやソーシャルメディアでのキャンペーン用に独自のユニークなグラフィックや動画を制作してもらうことも考えられます。

このように、パーソナライズされたマーケティング体験を提供することは、口で言うほど簡単なことではないかもしれませんが、忘れてはいけないのは、パーソナライゼーションが「顧客に始まり顧客に終わる」ということです。誰が顧客で、彼らが何を求めているかを正確に知り、顧客の体験をパーソナライズすることで彼らに新たな価値を提供できるかどうかを、しっかり見極める必要があります。

パーソナライゼーションは、間違いなくこれからのマーケティングが進むべき道です。昨今の売り手市場では、顧客はパーソナライズされた体験を望むだけでなく、実際に提供されるのを期待しています。提供すべきコンテンツは、押しつけがましくなく、しかし説得力があり、顧客の探しているものへの答えを提供できるものでなくてはならないのです。

一貫性を持つ

大切なのは、マーケティング戦略への持続的取り組みに全力を挙げることです。顧客からの反応がすぐに見られなくても、簡単にあきらめてはいけません。近道をしようと思わず、明確な結果が見られるまでには時間がかかることを肝に銘じて、そのまま突き進んでください。

自社のマーケティング戦術の1つがソーシャルメディアにおける存在感を確立することであれば、一貫した投稿スケジュールを守りましょう。そして、読者が一度といわず何度でも交流を楽しめるような、質の高いコンテンツを投稿するようにします。また、電子メール購読者を獲得したいのであれば、一定の間隔でニュースレターを送信して、顧客に忘れられないようにすることも重要です。

顧客が企業と取引する際には、その企業から何が期待できるのかを事前に知りたいと思うものです。それは、会社のロゴやイメージカラーといった視覚的な情報以上に、企業が「何を語るのか」が注目されることを意味します。その意味で、あなたの会社は、すべてのマーケティング戦術において同じ語り口を維持できているでしょうか? チャネルごとに一貫性がないと、顧客は何を期待すべきかがわからなくなってしまいます。

たとえば、顧客が御社との取引を考えて、情報収集のために御社のウェブサイトを訪れたと仮定しましょう。そして、そこで提供されている製品やサービスに関するブログ記事をいくつか読んで、御社についての知識を得たとします。次に、その顧客は何らかのプロモーションやお得な情報が提供されていないかと考えて、御社のソーシャルメディアを訪れるかもしれません。ところが、ソーシャルメディアではウェブサイトで見たものとはまったく違う動画が公開されていたり、異なるグラフィックやコンテンツなどを見つけたとしたら、混乱してしまうでしょう。このような一貫性のなさは、顧客が離れていく十分な理由となりえます。

だからこそ、デジタルマーケティング活動では、それに関わるあらゆる要素を再検証し、自社が利用するウェブサイトやソーシャルメディアなどのすべてのプラットフォームにおいて、顧客に対する情報提供がどのように行われているかを確認しておくことが必要です。そして、その全チャネルで、顧客と共有できる素晴らしいブランドイメージが築かれていることを確かめてください。

デジタルマーケティング戦略に一貫性を持たせることは、全体的な成果を向上させ、顧客にとって御社をより親しみやすい存在にするうえで、大きな役割を果たすのです。

この記事はTechBullion向けにサード・ウッラが執筆し、NewsCredパブリッシャーネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@newscred.comにお願い致します。

※本記事の文中のリンクは英語ページに遷移します。