金融専門家の90%「ブロックチェーンは決済業界にプラスの効果をもたらす」

メインビジュアル : 金融専門家の90%「ブロックチェーンは決済業界にプラスの効果をもたらす」

カナダのトロントを拠点とするTD銀行の調査によると、金融専門家の大多数にあたる90%もの人々が、「ブロックチェーンは決済業界にプラスの効果をもたらす」と考えていることが明らかとなりました。

そして、この調査では、専門家の29%が「ブロックチェーンの主な効果は、より確実な監査証跡を残せる点にある」と考えていることも示されています。

さらに、他の回答者が考えるブロックチェーンの最大の利点は次のとおりでした。

  • 決済手続きの迅速化(22%
  • 国境を越えたクロスボーダー決済の効率化(21%
  • 決済詐欺の低減(18%

TD銀行で企業向け商品・サービス部門を率いるリック・バーク氏は、レポートの中で「商用決済におけるブロックチェーン技術の影響は、清算時間の短縮からクロスボーダー取引のセキュリティ保護までと幅広い。ブロックチェーンによって決済の進化・向上が期待できるというのが業界の大方の見方である一方、回答にばらつきがあることから、金融専門家にとってブロックチェーン技術特有の機能や影響については未知の部分が大きいことがわかる」と指摘しています。

また、この調査から以下の点も明らかとなりました。

  • 専門家の44%が、決済業界の業務上の課題として「決済詐欺/サイバーセキュリティ」を真っ先に挙げています。
  • 同じく98%が、「金融機関は、詐欺を阻止しようとする企業の取り組みを支援すべきだ」と答えています。
  • 同じく50%が、「社内でオープンAPIを現在利用中、もしくはその採用計画を進めている」と回答しています。
  • 同じく14%が、「すでに社内でブロックチェーン向けのトレーニング戦略を策定した」ということです。

このような示唆に富む調査結果を、あなたの身近な金融機関は、どのように受け止めるでしょうか?

 

この記事はBlockchain Tech Newsが執筆し、NewsCredパブリッシャーネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@newscred.comにお願い致します。