デジタル革新を最大限に活かし新たな価値を創り出す Human Centric Innovation : Digital Co-creation

【富士通フォーラム2017基調講演レポート】

デジタル化が急速に進展する中、データを軸とした新たな連携が加速しています。業種・業界・業態の壁を越えたコラボレーションが原動力となり、これからのビジネス、そして社会にどのような変革をもたらすのでしょうか。東京国際フォーラムで開催した「富士通フォーラム2017」の初日5月18日の基調講演では、富士通の代表取締役社長 田中達也と執行役員常務 阪井洋之が、新たなコラボレーションがもたらすデジタル革新を、実際に連携しているお客様やパートナー様を壇上にお招きし紹介。そして、富士通が考えるDigital Co-creationの実現に向けた取り組みと方向性を示しました。

新たな価値を創り出すコラボレーション

富士通 代表取締役社長
田中 達也

はじめに、富士通の田中が壇上に立ち、「富士通はICTで農業を変えようと、幅広い分野の方々と連携して新しい取り組みを始めています。それは、まさに今年の富士通フォーラムのテーマ『Digital Co-creation』です」と語り始めました。

そして、ICTを活用した農業変革へ共に取り組んでいる、富士通とオリックス様、増田採種場様が出資して設立した静岡県のスマートアグリカルチャー磐田、通称「SAC iWATA(サークイワタ)」の須藤毅社長を壇上に招き入れました。

株式会社スマートアグリカルチャー磐田
代表取締役社長 須藤 毅

「サークイワタは、2016年4月から事業を進めています。磐田市は本州でトップクラスの豊富な日照量を誇り"太陽のパワースポット"と言っても過言ではない地域です。さらに、地下230メートルから汲み上げる美しい水、そして、富士通のICTで高度にマネジメントされた農業施設、それらを活かしながらケール、トマト、パクチーなど機能性の高い野菜を生産し、『美フード』として販売しています。2017年度からは、事業へのAI(人工知能)活用にも取り組み、富士通のAI"Zinrai(ジンライ)"とサークイワタの融合に挑戦し、新たなビジネス創造を進めます」

さらに須藤は、「サークイワタの取り組みで農業は変わっていきます」と力強く宣言。「磐田市様・増田採種場様、共創パートナーの皆様と共にCo-creationを実践し、業種業態を超えた様々なアイディアや技術をICTでつなぐことで、新たに生まれた付加価値により、新たなビジネスモデルを創造。"地域から世界へ"、"磐田から世界へ"を実現していきます」と展望を語りました。

「食と農」をテーマに「地方創生」へ期待

農業ICTで高い生産性を実現し、ビジネスを成長させていくためには、自治体やビジネスモデルそのものを変革するためのパートナーが必要です。サークイワタが設立された磐田市の仲村美帆子氏と、農業のビジネスモデルを共に創出した増田採種場の増田秀美氏が壇上に上がり、まずはじめに仲村氏が当時を振り返りました。

磐田市 環境水道局 環境水道部 ごみ対策課 主幹
元 産業部 産業政策課 課長補佐
仲村 美帆子氏

「磐田市の役割は、用地確保、各種手続きの支援でした。磐田市では、大規模農業の誘致もサークイワタのような新しいビジネスモデルの展開も前例がなかったため、地権者の理解を得るなど乗り越えるハードルが数多くありました。しかし、現在サークイワタをきっかけに磐田市で農業をやりたいという相談も増え、農業だけでなく地域の様々な産業に影響を与え始めています。

今では、サークイワタで採れる野菜と地元の産業を結び付けたり、先端技術の生産設備と地域の製造業とのマッチングが進むなど、農業だけでなく産業全体が元気になるようにまだまだ挑戦は続いています。

また、サラダケールのような特色ある野菜を磐田市ブランドとして発信するブランディング事業にも取り組みました。サークイワタの事業によって、100人の地元雇用が生まれ、この1年間で有効求人倍率は、1.0から1.4に伸長。農業がもっと魅力的な産業になるように、働く人が増え経済が活性化するように、"磐田市から世界へ"をスローガンに挑戦していきます」

共創による農業ビジネスの新たな展開

続いて、92年の歴史を持つアブラナ科専門の種苗メーカー、増田採種場の増田氏が今回の共創による意義と更なる期待を語りました。

株式会社増田採種場 専務取締役
増田 秀美氏

「増田採種場は品種開発の歴史が長く、農林水産大臣賞を5回受賞。機能性野菜にも早くから取り組み、高い専門性を活かして、飲料メーカー様、食品メーカー様のオリジナル商品の素材開発も手掛けてきました。

農業ビジネスの分野では、"種子を制するものは世界を制する"という言葉があるように、種子には非常に重要な役割があり、品種の持つポテンシャルは農業ビジネスの競争力に大きく影響します。その持論に富士通が共感してくれたためサークイワタの事業に参画しました。

日本の開発品種は、世界的にも競争力があり高品質で日本の強みです。サークイワタ事業は、品種を中心とした農業の産業化という新しいビジネスモデルを実現しました。弊社が提供する品種と栽培ノウハウ、サークイワタのICT技術による安定生産と情報蓄積により、アウトソーシングビジネス化への展開が期待できます。この事業が共創という交配によって、個々では持ち得なかった力を発揮し、日本の強い農業の産業化に貢献できればと思います」

そして富士通の田中は、「このようにサークイワタの取り組みは、地方の未来、産業の未来、そして日本や世界の未来も変えるかもしれません」と期待を述べました。新たなビジネスモデルに挑戦してくださった皆様には、会場から大きな拍手が送られました。

「Digital Co-creation」で富士通が目指す3つのこと

そして田中は、富士通フォーラム2017のテーマである「Digital Co-creation」について、次のように語りました。

「今、テクノロジーが世の中を大きく変えています。私は、デジタルがもたらした一番大きな恩恵は『つながる』ことであると考えています。組織の違い、業種の壁、あるいは物理的な距離といったものをすべて乗り越えて、データや知恵がつながる。それが、これまでにない新しいものを生み出すベースとなり、社会の仕組みさえも変えてしまう可能性を持っています。

私たちは、『Digital Co-creation』を追求することで皆様のビジネスの成長に貢献したいと考え、富士通が目指す3つのことをお話しします。

まず1つ目は、富士通はテクノロジーで社会に貢献するということ。技術の内容は、時代の変化とともに変遷していきます。しかし、テクノロジーをコアとして持ち続けることは富士通のDNAであり決して変わりません。これからのデジタル時代においても、革新的な技術開発を続けていきます。

2つ目は、より良いプラットフォームの追求。研究開発の成果を活かして、最先端の機能をビジネスの基盤としてお届けします。世界中の優れたパートナー様とも連携し、つながるプラットフォームとセキュリティを提供していきます。

3つ目が、富士通自身がコラボレーションに参画し、貢献していきたいということ。富士通は、これまで多くのお客様と一緒にシステムを構築・運用し幅広い業種のシステムに関するノウハウを蓄積してきました。このノウハウを活用し、皆様のパートナーの一員に加えていただけるような存在を目指していきたいと考えています」

田中は、「私たちは、デジタル革新を最大限生かし、皆様とともに新たな価値をつくりだしたいと考えています。それは『Shaping tomorrow with you』という私たちのブランドプロミスそのものでもあります。これからも専門力を磨き、実践力のある人材を育成することによって、お客様のかけがえのないパートナーとして貢献していきます」と決意を述べました。

共創を実現する最先端テクノロジーと新たなアプローチとは

富士通 執行役員常務 CMO
阪井 洋之

次に執行役員常務の阪井が壇上に立ちました。
「先日、デジタル革新の進捗について、グローバルに経営者の方へ調査を行いました。その内日本の結果は、全体の68%、3分の2以上の企業が既に開始しているという回答でした。富士通もお客様とデジタル革新の共創に取り組んでいますので、その一部をご紹介します。

川崎地質様とのAIを活用した取り組みでは、日本国内で年間3,300件も発生している道路の陥没事故を防ぐための地下の空洞探査を実施。富士通の画像認識技術により、空洞のある場所を素早く見つけることができ、従来の10分の1の時間で探査結果の解析が行えるようになりました。

野村證券様でも、富士通のAI技術で業務処理のエラーを発見するシステムを開発しています。1日に数億件という大量のデータ処理では、ITを駆使してもミスを完全に無くすことはできませんでした。そこで、富士通の機械学習技術を使って開発したアルゴリズムを10の業務システムに適用し、今後、全社的に展開する計画です。
(講演では、ご担当された野村證券の廣瀬佳彦様、平野良栄様よりビデオメッセージをいただきました)

また、インドネシアのKPPPA 女性強化・児童保護省様でも富士通の技術を取り入れていただいています。インドネシアでは、2016年に女性への虐待事件が25万件以上発生し大きな社会問題となっていましたが、広大な国土がネックとなり事故状況の把握が課題でした。そこで、富士通と共同でシステムを開発し、市民からの電話や係員からの報告、SNS情報など虐待に関する情報を集中管理・見える化を実現。虐待防止の活動に活かしていきます」

音の技術とICTの融合で新しい感動体験を

続いて、富士通との共同プロジェクトのリーダーとして、ヤマハの多田幸生氏を紹介しました。これは、ヤマハ様が持つ音のノウハウと富士通のIoTやクラウドの技術力を融合し、新しい感動体験を創り出すプロジェクトです。

ヤマハ株式会社
楽器・音響開発本部 FSMプロジェクトリーダー
多田 幸生氏

「両社のエンジニアやデザイナーが一緒になって、ワークショップや合宿、フィールドリサーチを何度も実施し、そこからアイディアを創出。ユーザーのコンテキストをシステムが理解し、音によりユーザーに感動をもたらす世界を目指しています。

ヤマハのコーポレートスローガンである"感動を・ともに・創る"をベースに、未来のヤマハに求められることを両社のメンバーで徹底的に議論しました。およそ1年間のプロジェクトでしたが、非常に密度の濃い時間を共有できました」

AI、ブロックチェーン、デザイン思考――先端技術が共創を加速する

さらに阪井は、社長の田中が示した"富士通が目指す3つのこと"について、具体的な取り組みを紹介しました。

「まずは『最先端のテクノロジー』として、人工知能(AI)に関する取り組みを紹介します。富士通は、理化学研究所様と共同開発したスーパーコンピュータ「京」の技術と、最先端の半導体技術を投入して、独自のディーブラーニング専用のAIプロセッサを開発しています。これにより、単位電力あたり10倍の性能を目指し、2018年度の出荷に向けて、現在開発を進めています。"Deep Tensor(ディープテンソル)"という富士通独自の技術の開発も進めています。

また、富士通はブロックチェーンのビジネス適用に向けて、独自の技術開発を行うとともに、オープンソースとしての発展にも貢献するために、世界30社以上で構成されている"Hyperledger Project(ハイパーレッジャープロジェクト)"にプレミアメンバーとして参画しています。

2つ目の『共創のプラットフォーム提供』では、デジタルビジネスブラットフォーム"MetaArc(メタアーク)"を提供しています。MetaArcでは、IoT、AIなどのデジタル技術を活用した新しいシステムであるSoEのスピーディな構築、そして、現行の基幹系・情報系システムであるSoRのクラウド移行を強力にサポートします。

MetaArcでは、オラクルやBox社などのアライアンスパートナーのサービスも積極的に取り込んでいます。さらに、インダストリーごとのプラットフォーム展開も進めており、富士通の長年に渡るお客様との取り組みで培ったナレッジをプラットフォーム化し、すでに金融の"Finplex"や、ものづくり"COLMINA"を発表しています。

3つめの「共創パートナーとなる」という取り組みでは、共創の"場"として、東京・浜松町の『デジタル・トランスフォーメーション・センター(DTC)』などを設置。"デザイン思考"を活用した数多くのワークショップをお客様と実施し、既に具体的なプロジェクトが数多く進んでいます」

「オープンイノベーション」というコンセプトを世界に

最後に阪井は、富士通のオープンイノベーションへの取り組みとして、2015年にアメリカ・シリコンバレーに開設した、「オープンイノベーションゲートウェイ(OIG)」を紹介。富士通のコネクションを活かして、新しいビジネスを検討中のお客様とシリコンバレーのスタートアップや大学・研究機関などをつなげている活動を、現地で対応しているモヒ・アメッド氏が壇上に上がり紹介しました。

富士通
Open Innovation Gateway シニア・ディレクター
モヒ・アメッド

「OIGを開設から約2年。すでに国内外のお客様、先進的なスタートアップ、企業、大学や企業団体、非営利団体など国内外1700人以上の人たちがOIGを訪れています。

OIGの取り組みでは、"デザイン思考"で世界中に知られているスタンフォード大学"d.school"にも、日本企業初のインダストリーパートナーとして富士通・OIGが選定されました。そして、様々なお客様と"ユーザーエクスペリエンス最大化に"向けたデザイン・プロジェクトや"FinTech活用"、スピード感のある"イノベーション創出"などのセッションを実施。ハーバード・ビジネススクールからも、富士通・OIGの挑戦を高く評価していただいています。"新しい価値の共創"に、富士通・OIGをぜひ活用していただきたいと思っています」

さらに、ベンチャー企業とのCo-creationの取り組みとして、AIベンチャーのグリッド 曽我部完氏を紹介しました。

株式会社グリッド
代表取締役
曽我部 完氏

「我々のAI開発のコアとなるのが、機械学習フレームワークの"ReNom"です。これは、複雑なプログラミングをせずとも、様々なアルゴリズムをブロックのように組み合わせて、AIを構築できるようにするAIの開発基盤であり、データ分析基盤となります」と技術の特長を説明。今回、このAI開発基盤"ReNom"と富士通の"Zinrai"を組み合わせた新たなAIサービス開発で、協業に合意したことを報告しました。

最後に、田中が再び壇上に上がり、「富士通は、"テクノロジーで人を幸せにする"という信念をもって、皆様とともに豊かな未来を築いていきます」と述べ、基調講演を締めくくりました。

基調講演(1:07:44)