• DXを通じたより良い社会の構築とは

    DXを通じたより良い社会の構築とは

    富士通は、お客様とともに、ニューノーマル(新常態)におけるビジネスや、社会のありかたを再構想(Reimagine)し、より良い社会を創造していきたいと考えています。富士通のパーパスは、イノベーションによって社会に信頼をもたらし、世界をより持続可能にしていくことです。安心・安全なモビリティ社会、健康と暮らしに豊かさ、システムにモダナイゼーション、ものづくりに革新パーソナライズド・エクリぺリアンス、金融サービスに安心と利便性、の6つのバリューを通じて、お客様の求める価値を実現するDXを追及します。そして、その中核を成す7つのテクノロジー(Cyber security/5G/Computing/Data/AI/Hybrid IT/IoT)がこれらのバリューを支えています。

    富士通は、お客様とともに、ニューノーマル(新常態)におけるビジネスや、社会のありかたを再構想(Reimagine)し、より良い社会を創造していきたいと考えています。富士通のパーパスは、イノベーションによって社会に信頼をもたらし、世界をより持続可能にしていくことです。安心・安全なモビリティ社会、健康と暮らしに豊かさ、システムにモダナイゼーション、ものづくりに革新パーソナライズド・エクリぺリアンス、金融サービスに安心と利便性、の6つのバリューを通じて、お客様の求める価値を実現するDXを追及します。そして、その中核を成す7つのテクノロジー(Cyber security/5G/Computing/Data/AI/Hybrid IT/IoT)がこれらのバリューを支えています。

  • DXを推進するポイントは?先進事例から成功への近道を探る【前編】

    テレワークに代表される働き方改革は、社会の在り方が大きく変わろうとしている中アフターコロナ時代のDXの最たるものです。DXを推進している企業は、どのように自社の見直しや強化を図ろうとしているのか。日経BP総合研究所「DXサーベイ」の実態調査を元に企業事例と合わせて探っていきます。

  • 新型コロナウイルスに、次世代スパコン「富岳」が挑む(前編)

    理化学研究所が富士通とともに開発・整備を進めているスーパーコンピュータ「富岳(ふがく)」。感染症が猛威を振るう中、その対策に貢献する成果の創出を目的とし、前倒しで2020年4月から一部の設備・機能の試行的な利用を開始されました。国難とも言える状況を富岳でどう解決していくのか、多くの期待が寄せられています。

最新記事

もっと見る